池田屋安兵衛商店

池田屋安兵衛商店は、昭和11年創業、越中売薬の始まりともなったの反魂丹(はんごんたん)を製造販売する老舗。反魂丹は魂を体に呼び戻す薬というのが名の由来で、オウレン、センブリ、ショウキョウ、牛胆と自然の生薬を配合した「はらぐすり」です。

丸薬製造体験も可能

1階では反魂丹のほか、動悸、息切れ、気付けに効く「いけだや六神丸」(ろくしんがん)、通じ丸などの製品をはじめ、生薬なども販売。

江戸時代の丸薬製造の木造製丸機を使っての実演も見学できるほか、丸薬製造体験も楽しむことができます。
製丸機は昭和30年代まで実際に使っていたのもといい、練った丸薬をところてんのように押し出し、それをカットして丸める作業が体験できるので、好評。

「富山藩の下級武士の内職にもなっていました」とは富山県の「食の語り部」でもある池田安隆社長の解説。

また、医は食からとの考えにより、「健康膳 薬都」が2階に併設され、古代米や高麗人参など薬草を取り入れた薬膳料理が味わえます。

映画『釣りバカ日誌13・ハマちゃん危機一髪!』(主演・西田敏行)では、老舗薬問屋「天狗堂」の名で外観が登場。
『釣りバカ日誌13・ハマちゃん危機一髪!』では、富山の老舗薬問屋「天狗堂」の会長・黒部五郎(丹波哲郎)から美術館建設という大仕事を鈴木建設社員の浜崎伝助(西田敏行)が請け負ったという話。舞台は富山県です。


 

池田屋安兵衛商店 DATA

名称 池田屋安兵衛商店/いけだややすべえしょうてん
所在地 富山県富山市堤町通り1-3-5
公式HP http://www.hangontan.co.jp/
電車・バスで JR・あいの風とやま鉄道富山駅前の富山駅前電停から富山地方鉄道の市内電車南富山駅前行きで7分、西町電停下車、すぐ
ドライブで 北陸自動車道富山ICから国道41号を富山市街方面に4km走った一番町を右折、500m
駐車場 5台/無料
問い合わせ TEL:076-425-1871/FAX:076-491-1698

 

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!