廣貫堂資料館

富山は藩政時代から「越中売薬」が有名で、現在の配置家庭薬というスタイルを築きました。廣貫堂は、明治9年に薬売りの共同出資により設立され、和漢薬を中心に製造する配置薬の老舗。廣貫堂資料館は富山の薬売りの歴史と製造工程を紹介する博物館で、懸場帳(かけばちょう)や売薬版画などが展示されています。

富山の売薬と北前船の交易との関係を学ぶことができます

懸場帳は、薬売りが来訪先の使用薬の種類・使用量・回収薬から支払明細、さらには家族構成、その健康状態に至るまでの詳細を記した帳面。購入先のカルテのような内容が含まれており、それを元に顧客の健康アドバイスなども行なったという。

資料館の来館者は栄養ドリンク剤のサービスが受けられるほか、胃腸薬の「胃腸反魂丹」(いちょうはんごんたん)、「熊膽圓S」(ゆうたんえんえす)、「広貫堂複方熊膽丸」(こうかんどうふくほうゆうたんがん)、「廣貫堂赤玉はら薬S」(こうかんどうあかだまはらぐすりえす)、強心薬の「虔脩本方六神丸S」(けんしゅうほんぼうろくしんがんえす)、「虔脩感應丸」(けんしゅうかんのうがん)、など広貫堂の薬を購入することも可能。

蝦夷地(えぞち=現在の北海道)で産した昆布は富山の売薬商人を介して琉球(現在の沖縄)から中国へと運ばれ、北前船の下り船では中国からの和漢薬の材料が密かに運ばれたのだという。

熊も生息した立山を控えたというだけでなく、富山の製薬は北前船の交易に支えられたのです。
そんな昆布ロードの歴史を資料館では学ぶことが可能なので、ぜひお立ち寄りを。

反魂丹(はんごんたん)
胃痛、腹痛の薬として有名な反魂丹。江戸時代、富山藩第2代藩主・前田正甫(まえだまさとし)は、万代家11代目・万代常閑(まんだいじょうかん)を堺から呼び寄せ、万代家に伝わる秘薬「万代の反魂丹」を改良し、独自の「反魂丹」を開発。常に印籠に入れて持ち歩いていました。
1690(元禄3)年、江戸城内で、三春藩3代藩主・秋田輝季(あきたてるすえ)が激しい腹痛を起こした際に、前田正甫は、印籠から「反魂丹」を取り出して飲ませたところ、たちどころに回復。江戸城中の話題となりました。

前田正甫は薬種商の松井屋源右衛門に反魂丹を製造させ、諸国に行商させたので、越中売薬という産業が生まれたのです。
さらに1765(明和2)年、6代藩主・前田利與(まえだとしとも)は、藩営の反魂丹役所を設立。こうして売薬産業が確立したのです。
明治維新で藩がなくなると反魂丹役所も廃止され、その伝統は廣貫堂(広貫堂)に受け継がれたのです。

江戸時代の反魂旦には龍脳(ボルネオール)など劇薬成分も含まれていましたが、薬事法の関係で現在の反魂丹は往時のものとは異なる成分になっています。

富山城址公園にある前田正甫像

 

廣貫堂資料館 DATA

名称 廣貫堂資料館/こうかんどうしりょうかん
所在地 富山県富山市梅沢町2-9-1
公式HP http://www.koukandou.co.jp/shiryoukan/
電車・バスで JR・あいの風とやま鉄道富山駅前の富山駅前電停から富山地方鉄道の市内電車南富山駅前行きで9分、広貫堂電停下車、すぐ
ドライブで 北陸自動車道富山ICから国道41号を富山市街方面に3km走った西中野1を右折、500m
駐車場 30台/無料
問い合わせ TEL:076-424-2310/FAX:076-424-1160

 

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!