「高岡流お好み焼きととまる」を山海亭で食す

富山県高岡市のB級グルメと聞いて、すぐにピンと来る人はかなりの富山通(ツウ)でしょう。高岡コロッケにしろ、高岡グリーンラーメンにしてもまだまだ全国区とはいえません。
そんな高岡で、目下売り出し中のご当地グルメが「高岡流お好み焼きととまる」です。

スーパーに行っても昆布コーナーの充実びりには驚く(大阪屋ショップ氷見店にて)

スーパーに行っても昆布コーナーの充実ぶりには驚く(大阪屋ショップ氷見店にて)

魚のすり身+昆布×お好み焼き=?

富山県は、日本を代表する蒲鉾(かまぼこ)文化の地。しかも県内のスーパーをのぞくと、生のすり身がデーンと販売されています(トビウオが富山県ではすり身に一番よく使われる魚)。

そしてスーパーでもうひとつビックリさせられるのが、昆布コーナーの充実ぶり。蝦夷地(えぞち=北海道)と大坂(現在の大阪)を結ぶ北前船の寄港地という歴史的な背景で、富山県は昆布消費量日本一

魚のすり身と、昆布を使い、まーるくフライパンや鉄板で焼いたという条件のお好み焼きが「高岡流お好み焼きととまる」。「とと=魚」で、いかにも富山らしいお好み焼きです。

とはいえ、昔からあった伝統食ではありません。
富士宮市がB-1グランプリ優勝で、経済効果が大なのに目を付けた「飲食店経営サポートとやま」があみだし編み出したのが「高岡流お好み焼きととまる」。

高岡駅ビルの「山海亭」で、実食!

では、どこに食べに行けばいいのか?
取材班として、答えは簡単明快!
すり身や昆布を使っているなら、蒲鉾(かまぼこ)メーカー直営の店が素材の生かし方を熟知しているはず。

というわけで、
麻善蒲鉾と今村蒲鉾がつくった「富山ねるものコーポレーション」直営ショップ、高岡駅駅ビルの「山海亭」へ。
店頭で、美人店長の飯山美穂さんに自慢のかまぼこを簡単にレクチャーしてもらい、店の奥にある食事処へ。

これが噂の「高岡流お好み焼きととまる」

これが噂の「高岡流お好み焼きととまる」

食べてみるとたしかに、動物性タンパク質の感じが。

「う、うまい」(取材班S)

「小麦粉がベースではなく、魚のすり身にしたことで、酒の肴にもピッタリ。ビールにも良く合うね」
とは、ニッポン旅マガジン取材班でグルメライターでもある板倉あつしの感想。

追加で注文したのが、昆布巻き(蒲鉾+昆布)、もちもちすり身揚げ、山海亭うどん(さくさく白エビかき揚げ+もちもちすり身揚げ)、昆布巻きおにぎり(とろろ昆布)、そして最後のデザートに「ごまブラックプリン」。

山海亭で注文した料理の数々。手軽な料金でおいしい

山海亭で注文した料理の数々。手軽な料金でおいしい

かまぼこ入りのプリン、「ごまブラックプリン」

かまぼこ入りのプリン、「ごまブラックプリン」

デザートの「ごまブラックプリン」(数量限定)は、八尾産の黒ごま、五箇山の蜂蜜でつくった「富山ブラックかまぼこ」をカラメル部分に使ったいわば「かまぼこ入りプリン」。

「黒ごまのこうばしさがおいしい、新感覚のスイーツ。宣伝してください!」(店長の飯山美穂さん)
とニコリと微笑まれると、PRしないわけには参りません。



 

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!