慈光院『火渡り法要』(小矢部市)

小矢部市の慈光院で『火渡り法要』が執り行なわれます。慈光院は高野山真言宗の寺。『火渡り法要』の正式名は大柴燈護摩供(だいさいとうごまく=柴燈大護摩供要)で、無病息災、罪障消滅を願い、赤い炭火の上を素足で渡る行事。長さ3m、幅1.3mの炭のじゅうたんの上を、不動真言経を唱えた後素足で渡ります。

導師に続いて一般参詣者も素足で火渡り!

導師に続いて一般参詣者も素足で火渡り!

 

一般の参詣者も火渡りが可能!

まず境内の護摩壇に点火します。燃え上がる護摩壇に願い事が書かれた護摩木が投げ込まれ、20分ほどで燃え尽きて護摩壇が崩れ落ちると、関係者が燃え殻を太い竹の棒で砕き、敷き詰めてあった炭の上に広げます。
まずは導師の福江秦祐副住職らが不動明王の真言を唱えて炭火の上を渡ります。
導師らが渡った後、一般の参詣者も渡ることができ、毎年100名以上が火渡りを体験します。護摩祈祷料500円。
11:00〜大般若転読会
13:30〜柴燈大護摩法要

白馬山慈光院の本尊は本堂に安置の正観世音菩薩。大元堂には不動明王、大元帥明王(だいげんすいみょうおう)、毘沙門天王を、聖天堂に歓喜天安置。
日本一の大きさを誇る大元帥明王は、『火渡り法要』にあわせて年に一度の御開帳となります。

大元帥明王は、古代インド神話に登場する非アーリアンの鬼神アータヴァカに由来する「荒野鬼神大将」、「森林鬼神」と漢訳されます。
密教においては大日如来の功徳により善神へと変じ、大元帥明王は大元帥の名が表すとおり、明王の最高尊である不動明王に匹敵する霊験を有するのだとか。

渡り終わったら足に水をかけてもらい、冷やすことも

渡り終わったら足に水をかけてもらい、冷やすことも

 

慈光院 火渡り法要(小矢部市) DATA

開催日 10月17日
開催時間 13:30~15:00
所在地 富山県小矢部市西町5-6
場所 慈光院
電車・バスで あいの風とやま鉄道線石動駅から徒歩10分
ドライブで 北陸自動車道小矢部ICから10分
問い合わせ 慈光院TEL:0766-67-0104
公式HP http://jikoin.sakura.ne.jp/jikoin/index.htm

 

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!