新湊曳山まつり(射水市)

射水市(いみずし)の放生津八幡宮で『新湊曳山まつり』が行なわれます。放生津八幡宮の祭礼が『新湊曳山まつり』で、13本の曳山(古新町・中町・四十物町・奈呉町・長徳寺・東町・荒屋町・南立町・立町・新町・紺屋町・三日曽根・法土寺町)が、典雅な曳山囃子を奏でながら「イヤサ、イヤサ」のかけ声のなか、神輿渡御に供奉して曳かれます。

夜の曳山は「提灯山」

夜の曳山は「提灯山」

昼は「花山」、夜は「提灯山」

『新湊曳山まつり』は、放生津曳山祭(ほうじょうづひきやままつり)とも呼ばれ、江戸時代中期より続く放生津八幡宮の秋季例大祭の行事。
富山県内で最も多い13基の曳山(ひきやま)が「ア、イヤサー! イヤサー!」(万歳を意味する「弥栄(いやさか)に由来」の掛け声とともに曳き回されます。
「順列を連ね、狭い街角を急曲がりするときの勇壮さは見どころのひとつ」(射水市観光協会)とのこと。

昼(9:00〜17:00)は「花山」、夜(18:30〜22:00)は「提灯山」にして町中を練り廻る姿は、絢爛豪華。
創始の年代は定かでありませんが、一番山の古新町は、1650(慶安3)年の創設と伝えられており、約350年前から曳かれていたことが記録に残されています。

映画『あなたへ』(2012年8月25日公開、高倉健主演、降旗康男監督)、映画『人生の約束』(2016年1月9日公開、竹野内豊主演、石橋冠監督)にもこの『新湊曳山まつり』の曳山が登場しています。

13基の提灯山がズラリと並んで壮観!

13基の提灯山がズラリと並んで壮観!

富山Style MEMO/放生津八幡宮

放生津八幡宮は、746(天平18)年、大伴家持が越中国守とし在任中、宇佐八幡宮から分霊を観請したのが始まりという古社。境内には「あゆの風 いたく吹くらし 奈呉の海人の  釣りする小舟 こぎ隠るみゆ」という大伴家持歌碑も立っています。奈呉の浦は一帯の海岸線の呼び名。

大伴家持ゆかりの放生津八幡宮

大伴家持ゆかりの放生津八幡宮

 

新湊曳山まつり(射水市) DATA

開催日 2016年10月1日(土)
開催時間 9:00~23:00頃
所在地 富山県射水市八幡町2-2-27
場所 放生津八幡宮・新湊山町内一円
電車・バスで 万葉線新湊港線射水市新湊庁舎前駅下車すぐ
ドライブで 北陸自動車道小杉ICから25分
駐車場 海王丸パーク駐車場・東漁港駐車場などを利用/無料
問い合わせ 射水市観光協会TEL:0766-84-4649
公式HP http://www.imizu-kanko.jp/www/special/hikiyama/index.html

 

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!